应用方案
 
  首 页  >  
制造业生产 线人力成本数据解决方案
1.   主な技術内容とその 基礎原理 
目前には国 内、海外には各種類の企業管理ソフト ウエアが殆ど“金銭”か“物” かを対象として研究、開発されている 。原材料、完成品などの生産経営過程中に形成 される各項目のデータによって 関連している報 告表と報告を生成されるのであり、管理者がこれを基き、分析して必要な対策、措置を決定するので ある。“華科iCostマンパワー管理コスト 計算システム(以下略称: 当該システム)”は“人” を対象とする管理ソフトであり、“人”が製品価値の創 造者であると共に企業資源の消耗者 である。この二重特性により国内にワーカの労働所要時間、この時間内に生産する産量と品質などのコス ト要素をエクセレンス、リーンする管理 範疇に組入れること を創始し、企業経営コストの 削減の目標に達成されるの である。当該システムの構造フローチャートは下記の 通り:
上記図のよ うに当該システムの核心部分は生産と能率をお 互いに抑制均衡、マンパワー分配、イン センテイブと利益分析などの四つのサブシステムで構成され、下記各々サブシステムの機能をご紹介させてい ただきます:
1)     生産と能率の抑 制均衡サブシステム 
当システム を設計する目標 は生産、能率と実際支払いの諸費用を正比例 させることである。これは全ての各生産ライン或は 指定するいくつかの生産ラインに一 つ生産目標を設定して生産と関連する各部門に真面目に 、責任を負って、効率よくて仕事を完成させ、材料の欠けか機械の故障に よりラインの止めることか、或は工程の設計不合理に より労働所要時間が多すぎる ことの招くか等等で一定労働時間に所要費用の影響さ れる状況を減らす或は完 全に避けるの目標である。
当該生産指標の算式 :
生産指標=稼働率/生産効率
稼働率とは支出 する費用の使って いる一定時間内のどのぐ らいの時間で実際に稼動して いるのかを指している。この値は生産部門とその補助部門を抑制均衡 する為に運用して、部 門間の仕事のコ ラボレーションに円 滑に動かせるのである。稼働率の制約がある上に 生産部門が生産だけに関心を持つで はなくその他の関連部門にも関心させるべ くである。例えば:組長、班長の会議で当日退勤 する前に翌日の材料、生産計画の確認をお互いに 連絡確認すべくし、 翌日稼動する前に材料と機械設備などの状 況も点検、チ ェックすべくである。生産効率とは一 つ完成品を実際に掛かわれ る生産所要時間とIE工事部の制 定する規準時間の比率を指 している。この値は組長とワーカを抑制均 衡するのである。生産効率の制約がある上に 組長がワーカ毎に生産時間を利用する ことが督促でき、消極的なサボタ ージュする現象を取り除 くことも避けられるのである。
 
2)マンパワ ー分配サブシ ステム 
当該システ ムを設計する目標 は組長、班長達に日常仕事 或は残業する時に更に効率 的、柔軟性的、ワーカ達の仕事時間の合理的に 配置することを促進させるので ある。つまり会社が入社長いワーカに支給する給与は入社短 いワーカよりずっ と高くて残業代も日常仕 事に当たる日当も高く支払わなければ なりません。従って組長達が当該サブ システムのインテリジェント化のツールの助けを 借りて入社長いワーカと入社短 いワーカを合理に 割り当てられるし、残業も制御する ことができる。また、科学的かつ合理的にマンパワーと作業時間を割り当て て、いっそう効果的にコストダウンすることができて、結局効果と利 益を上げるのである。
 
3)インセン テイブ管理サブシステム 
当該サブシ ステムを設計する目標 は効果と利益を従業員収入とダイ レクトリンクすることを指している。こうすればワーカの潜在エ ネルギーを奮い立たせ、 効率をアップし、コストダウンする目標を達成されるの である。若し一つ生産ラインに当 日の生産計画の完成 するのは10人の基準労 働時間を所要する が組長の合理的な 割り当てにより9人で生産任務を完成 したのでこの9人が10人の給料が貰える。つま りこの9人が賃上げした。 ワーカの賃上げされる 直接の効果は流動率を下げ、潜性コストの支出を大幅に減少されてい る。と同時に若し一つ 生産ラインのワ ーカが賃上げられる と他の生産ラインのワ ーカのポテン シャルを奮い立たせる ので各各生産ラインの健 全な競争を形成するわけである。こうすれば生産ラインの生 産能率を最大 化にさせ、相関連なコストを 最小化させることとなり、結局会社の利 益が最大化となるのである。
 
4) 利益分析 サブシステム 
当該サブシ ステムを設計する目標 は上述三つのサブシステムの真実なデータを総合に分析し 、運用すること を指している。異なる時期の生産効率、同一 時期の異なる 生産ラインの生 産能率、異な る完成品の発生されるコ ストなどの対比して市場の同類企業、同類製品の公表す るデータと結び付いて生 産工程の設計は合理す るかどうか、技術革新する必 要があるかどうか、生産ラインが多 すぎるのか、或はどれらの不合理な一環が存在する のか、どの完成品の利潤が市場売価より低いか等等につき会社の管理者の管理に助けられるのであり、会社の重役達に直接有効 的な量化データを提供す ることができるのである。
 
2.    当該システ ムの技術優位 
ワーカを日に日 に募集し難くなってい て国家の法律と制度体系がますます規範に合わせ、新しい労働契約法が既に公 布実施し始まっ た今現在には企業内に科学的 、有効的なマンパワー管理コスト 計算システムの実施するのは すでに広大な企業のきわめて 切実な要求にな りました。当該システムはまさに企業管理のこの 特殊な需要を満たすために、研究と開発して設計したので あり、その主要な技術開発の打ち出し た新機軸は概括をつ けて次の通りである:
 
1) 設計理念に打 出した新機軸 
マンパワー管理コスト の計算は有史以来にマンパワーの管理範疇 に属するのである。今には国内外の企業管理ソフト ウエアの中にマンパワーの管理コス トを一度も1つの専門の領域にして対 応していません。従って長期以来、各 種類の企業、特に製造企業には財務概 念から賃金と手当を 製品に割当て るデータしかあり ません。このような粗放式なマンパワーの管理コス トモードは一旦新 しく公布された労働契約法の実施し始まる 新環境に出会っ たら必然的に新しい情勢に適応すること ができないので、マンパワー管理コスト が制御できなくなることを招きはずであり、甚だしきに至ってはたくさんの企業は赤字によ り内陸に移動されるか或は破産されるので ある。
当該システ ムは国内に“抑制均衡、マンパワー分配、効率 とインセンテイブ”のマンパワー管理コスト ソフトウエアの設計理念を基 き創始し、生産と能率の抑 制均衡、無駄にする労働時間、労働力の削減を通して、 生産、能率と実際に支出する 費用を正比例 にさせ、下部のマンパワーのリソースを割り当 てて、柔軟な労働形態を実現され、残業代の支出の 削減、仕事の効 率の向上によりマンパワーの管理コス トの削減の目標を達成するので ある。激励理念を通して、ワーカの潜在力 を奮い立たせて 、良性の競争を形成し、生産能力を拡大 して、流動するのため引き起こされる劣性のコストを下げる(即ち:招聘、育成訓練、引き継ぐなどに指 す)。いっそう重要な1点には当該 システムが形成するエクセレンスの管理パターンは企業の運行機制、長期的な発展に対して 良性な促進の発揮に大きな役 割を果たすのである。この真新しい設計理念は華科ソフトウ エア科学技術者らが製造業現場で長期にわたり 詳細な調査研究と大 量のデータの採集の 蓄積からであり 、現場管理者の 管理ソフトウエアの個性化に対するニーズよりもっ と精錬してできた ユニバーサルなシス テムである。当該システムを市場に打ち出した次第、その機能のマンパ ワー管理コスト が有効に制御できることにより企業管理者、甚 だしきに至っては極めてけちの つける日本人の高層管理者様、重役様の高くに褒め称えたのである。当該システムの富の極める哲学的 な理念の設計する思想  “現場から産出し、現場より精錬する” という打ち 出した新機軸技術を明らかに 示すのである。
 
2)    技術応用に打出 す新機軸 
当該システ ムの技術応用の新機軸が下記反映 している:
 
(1)   安定的、簡 便的、スケーラブルの四 つの部分で構築された 
ユニバーサルな当該 システムに最も基本的な技術用件として は安定性、操作簡便性、スケーラブル性で あり、企業の個性化需 要の変化に満足され、企業と伴って一 緒に発展するので ある。当該システムは技術構造に四つ の部分を分け、これは基礎枠組部分、データストレージへのアク セス部分、データベースからの出 力部分及びソフトウエア展示部分である。具体的に説明すると:
 
*   基礎枠組部分:データベースのバック アップ、メンテナンス機能、メール早期警告 機能、ログ機能、インタ ーフェイスモ ジュールなどデータストレージのアクセ ス:主にMSSQL、Oracleデータベースの操作の 具体方法
*   データベース部分:生 データフローの処理、データ生成、変 更のコントロールとその破 壊の機能の働く
*   ソフトウエ ア展示部分:ガイド式で生データを採集し 、ユーザーに迅速に業務の処理を誘導する機能
 
部分毎に全 て一つか複数のモジュ ールで構成さ れ、各サブシステムの間のカップリ ングを減少し、その 中、データベース部分にSOAアーキテクチャ を採用しているので業務の変化、 バックアップに便利性を提供している。
 
(2)   多国言語サポート機能、グループ企業に応用適合
近ごろには 大多数の企業はますます 国際化になり、 傘下の工場は全世界に分布して、情報化の管理の難度はますま す大きくなっている。当該システムの第1陣の意図の 取引先は殆ど日系現地法人製造業で、その重 役様は全て日本人であり、その基礎業務の作業者は逆に中 国のスタッフ達である。従 って、当該システムに対して多国言語のサポート機能を需要す べき、しかもその言語は厳格で、 簡潔しなければなりません。多国言語のサポート機能がある上 に一方、当該システムを人事担当にいっそう掌握し易くさせ;一方、当該システムをいっそう人間化すること ができ、つまり母語はその国の 人に対して最も親切な言語である。こ の為、弊ソフトの方では当該システムの中に三種類の言語:中国語、英語、日本語を設置したので 操作のインターフェースの国際化を実現した。勿論 、客様は需要により自分でその他の言語も追加入れ ることができる。作業の方では弊 社が採集する生データに対して ソリューションの概 念を設置したので 当ソリューションをカ スタマイズもできるし、異なる部門に異なるソ リューションが応 用でき、複数の部門が同一ソリ ューションも応 用できるのである。柔軟に異なっている組織がデータの異なっ ている管理需要を実現しました。
 
(3)   能動的方式 のデータ採集  
管理ソフト に対しては最も重要なのはどのようにタイムリー且つ正確に必要とす るデータを得るこ とである。市販の管理システムは主に人手で生データをシステ ムに入力する方式だが、データの適時性、妥当性 と精度を確保し難くなる。こ の為、弊社がICカードの応用を 当該システムに拡張した。ワーカの出退勤 時間のデータを人手で 再入力するのではなく、現場の作業開始する時間と退勤する 時間の記録をICカードで読取機器を通って 能動的に適時的に自分の 出退勤時間をサーバーに転送され 、データの適時性とその精 度が確保できる。 結局市販管理 ソフトによる人手で入力する時の不確実性のような 現状が防止さ れる同時に効果的に 人事担当の負荷が軽減されるので ある。
 
(4)   並列にコンピ ューテング機能 
企業は継続的な発展の過程の中に従 業員数、生産量もますま す増やされるので発生される情 報、データ量も段々 多くになってくるので、操作とデータの分析す る時にシステム の機能がボトル ネックになるはずであり、日常の仕事は非効率になるだろう。企業の需要なデ ータをタイム リーに出力する 為、弊社が.NET Remotingの技術を活用して リモート的にデータ処理を実現した。そし て並列のアルゴ リズムを介して複数のサーバーが制御され 、タスクを完了することができ、シミュレートにより複数のサーバーのリソースの使用の 統合を達成した。
 
(5)   データの検索エ ンジン  
データの使用の 最大化になる為、当該システムには検索エンジンを設置した。ユ ーザーが自由にキ ーワード、情報の 表示形式などを設置し、シス テムが当キーワードにより検 索を行い、そしてカスタマイズの表示形式にで検索されるデータを表すこ ともできる。また、当データをExcalに導出して 処理してから 需要なデータ諸表が取得で きる。
 
(6)   データのセキュ リテイリスク管理  
企業は方策の決めるのは一 番基礎の拠り所か らであり、これは企業に対してデ ータのセキュ リテイは極めて重要で ある。策略としては当該システムが以下四つの面から設置して管理さしていただきます:
第一、   権威背景の持つデータベース (MSSQL、Oracle)を採用してデータのストレージする安全性を確報する。いかなる時期に所有するデータは皆データベースの中にストレージしているので後期の歴史情報の検索するために根拠が提供できる。
 
第二、   自動のバックアップ機能を設置し定期的にデータベースの中のデータをバックアップする。万が一データベースを破損される時にタイムリーに最新のバックアップされるデータの復元を確保され、企業の正常業務の行うのを保障する。
 
第三、   当該システムは暗号化アルゴリズムを統合し、ユーザーのパスワードにはMD5の暗号化アルゴリズムを使用して機密データは3級のアクセス承認許可(組織権限、機能権限、データ権限)を介して管理する。適当な人に適当なデータを使用させることが本当にやり遂げらせる。 
 
第四、   システムの各モジュールはLicense認証体制を通したので不正なシステムの進入を避けることができる。
 
(7)    業務フロー、情報の流れ、資金の流れのスムーズな統合 
業務フロー、情報の流れ、資金の流れは企業管理の不可欠な最大プロセスで多数企業に管理問題が発生されるのはいくつかの人為的な要素の以外に、更に多くのはある流れの中のある一環が効果的に制御することができなかったせいであり、ある一環の外れされることを現れ、或はそれぞれの一環、それぞれの流れの間にはリンクと関連をしていないからお互いに仕事の繋がる収束が悪くて、情報の伝達も所定部門に届かないことである。結局仕事が進め続けることができなくて、売り上げ業績に影響される。当該システムはプロセス指向の管理を考えに基き、仕事の流れ中のあらゆる側面に注意して真実、確実のデータを通して仕事流れ時の手落ちと外れる現象をタイムリー的に発見、制御して、データで情報流れを取り合って統合し、仕事の流れ、承認許可流れを通じさせる。結局タイムリーに資金の流れデータを形成して問題を直ちに発見してタイムリーに解決できるの設計するアイデアである。同時にデータプロセスがタイムリー的、確実にコントロールでき、人為的なミス或は人為的に誤りを防止、排除することができる。
 
(8)   自動的にアップグレード  
データの最大化に使用される為、製造業の大量なデータ、複雑な業務、操作担当者の応用レベルの低いなどの特徴に考慮する為に当該システムは企業の応用時に可能に発生されるB/SとC/Sの状況に基き、わざとC/S状況に対して自動的にアップグレート機能を設計して.NET Remoting技術の利用によりクライアントシステム端末が自らアップグレートできることを実現した。クライアント側がシステムに登録次第にサーバーと直ぐ連接してバージョンの整合を行い、若し新しいバージョンを発見するとシステムがサーバーから新しい更新プログラムがダウンロードでき、人為的な誤操作によりもたらした仕事の負荷が防止されるので ある。
 
(9)   機能完璧なシステムインテグレーションの構造  
各企業は同時に複数のソフトシステムを使用する現状があるので各ソフトシステム間の情報を共有することができるし、情報の独占を防止する為、インテグレーション構造の善し悪しの判断はとりわけ重要である。当該システムはHRシステム、SAPシステムのデータとの関連が極めて緊密でこれによってインテグレーション策略上に下記三つの重点を設置した:
 
一、当該システムは複数のデータベースに適用され(MSSQL2000、MSSQL2005、 
Oracle9iを含め)、企業の手間掛かる作業の削減、データの繰り返し入力の削減によりデータの完備性を保証することに助けられ、企業の追加費用が避けられる。
 
二、基準なWeb Service形式にで一纏りの完備した応用のインターフェイスを開発したので間接的な形式でデータのインタラクティブすることを開発した。
 
三、全てのデータはインポートとエクスポートが適用され、そして他のシステムと直接交互する為にインターフェイスを提供する。

 

友情链接:        天天彩票-首页     天天彩票---首页_欢迎您